日本機械学会の講演原稿を LaTeX で作成する方法

部門運営の手引きを参照する限り、日本機械学会の講演原稿テンプレートは Microsoft Word 形式でしか提供されていません。本ページでは、日本機械学会論文集の LaTeX テンプレートを無理矢理に転用することで、講演原稿を LaTeX で作成する方法を示します。あくまでも無理矢理で大雑把な方法であり、講演原稿テンプレートの完璧な再現を目指すものではありません。右図は Microsoft Word と LaTeX のそれぞれで作成した講演原稿の比較です。

Microsoft Word と LaTeX のそれぞれで作成した講演原稿の比較

手順

1. 日本機械学会論文集 LaTeX テンプレートのダウンロード

日本機械学会論文集のウェブサイトで配布されている LaTeX テンプレート(japanese-template.zip)をダウンロードし、展開します。

2. ファイルの修正

テキストエディタで jsmepaper.tex を開き、タイトル(\title{})からキーワード(\keywords{})までの部分を

\title{\vspace{-20pt}
\begin{flushleft}
\textnormal{\textsf{\LARGE G999999}}
\end{flushleft}
タイトル}
\subtitle{サブタイトル}
\etitle{\vspace{-10pt}
English Title}
\esubtitle{English Subtitle}
% \jauthor{}
\eauthor{\vspace{-15pt}
名前 名前$^{*1}$,○正 名前 名前$^{*2}$,名前 名前$^{*3}$ \\
Name NAME$^{*1}$, Name NAME$^{*2}$ and Name NAME$^{*3}$}
% \email{}
% \jaffiliation{}
\eaffiliation{$^{*1}$所属 Affiliation \\
$^{*2}$所属 Affiliation \\
$^{*3}$所属 Affiliation}
% \date{}
\received{\vspace{-30pt}}
\abstract{This is the abstract.}
\keywords{Keyword, Keyword, Keyword}
\usepackage{fancyhdr}
\pagestyle{fancy}
\lhead{}
\chead{}
\rhead{\textsf{\textgt{\footnotesize Copyright \copyright 20?? 一般社団法人 日本機械学会}}}
\lfoot{\textsf{\textgt{\footnotesize [No.~??-●●] 日本機械学会●●講演会講演論文集〔20??.●.●-●,●●〕}}}
\cfoot{}
\rfoot{}
\renewcommand{\headrulewidth}{0pt}
\renewcommand{\footrulewidth}{1pt}
\renewcommand{\topmargin}{-15mm}
\renewcommand{\headheight}{10mm}
\renewcommand{\headsep}{5mm}
\renewcommand{\footskip}{10mm}
\renewcommand{\footnotetext}[1]{}
\newcommand{\bibref}[1]{$^{(\ref{#1})}$}

に置き換えます。さらに、\thispagestyle{empty}\thispagestyle{fancy} に置き換えます。最後に、文献と References(\begin{thebibliography}{99}\end{thebibliography})を

\section*{文献}
\begin{enumerate}
\renewcommand{\labelenumi}{(\arabic{enumi})}
\small
\item\label{bib:hoge} ほげ  % 本文中で参照するときは \bibref{bib:hoge} とします。
\item\label{bib:moge} もげ
\end{enumerate}

に置き換えます。